2008年7月11日に大阪から札幌まで乗車

2008年7月11日に大阪から札幌まで乗車にかんする情報ページです。

トワイライトエクスプレス.com トップ>乗車体験記2008年7月11日に大阪から札幌まで乗車



【メニュー】

予約運転日空席車内放送動画YouTube写真スイートシングルツイン食堂車


2008年7月11日に大阪から札幌まで乗車:トワイライトエクスプレス

2008年7月11日に大阪から札幌まで念願のトワイライトエクスプレスに乗車しましたので乗車記を書きたいと思います。

ちょうど、この時期は北陸地方の局地的大雨(まるで熱帯地方のスコール)が頻繁にあり、北陸本線の一部区間で特急列車が運休になるなど心配していたのですが、幸運にもトワイライトは問題なく運行してくれました。

今回は2人用のB個室寝台であるツインを1人で利用して旅をしましたので、かなりゆったりと過ごすことができました。
B個室ツインは1人で利用する場合、A個室のロイヤル並みの快適さが実感できます。
その理由としては
・寝台上段用の窓も寝台下段用の窓と同じぐらい大きな窓になっており、開放感がある。
・下段をソファ、上段をベッドとして使うことができるので、寝台スペース以外のスペースが意外と広い
ことが挙げられます。

洗面台、トイレが部屋にないのは特に不便を感じませんし、ウエルカムドリンクが無いのが寂しいぐらいですね。

今回トワイライトエクスプレスに乗車するのは3回目なのですが、B寝台(開放)の乗車率のあまりの低さに愕然としました。

6月11日の切符販売日には完全に満席となっていて、乗車2週間前になってやっとチラホラ空席が出てきたにも関わらずです。

このような状況になる理由の一つがトワイライトのツアーを企画する旅行社の販売力の大幅な低下が原因となっていると思います。
日程によってはB寝台の開放もほぼ満席という状態なのですが、切符発売日に満席で、乗車当日ガラガラでは、切符の販売方法に問題が無いとは言えない状況であるでしょう。
ツアー会社は確保していた寝台や座席を数週間前になって一気にJRに返品するのでこのような事態になります。

このような場合、JR西日本自身で販売力をつけないと、後々しんどいことになります。
旅館業でも旅行社頼みの旅館が経営がしんどい状況になっているところが多いです。

今までは人気列車ということで特にPRをしてこなかったJR西日本ですが、ツアーとJRでの販売のバランスの見直しを図る時期に来たような気がします。

最終更新日: 2008年08月21日 15:12

トワイライトエクスプレスのツアー

トワイライトエクスプレスを利用する旅行ツアーは上のボタンをクリックしてお探しください。

Facebookファンページ「寝台特急トワイライトエクスプレス」

今、世界で最も人気のあるソーシャルページのFacebook内に寝台特急トワイライトエクスプレスのファンページを作成しました。
食堂車ダイナープレヤデスのフランス料理フルコースディナーのシーズンごとの写真など、写真を多数掲載しています。
皆様のトワイライトの旅にお役立てください。

トワイライトエクスプレス:チケット情報メルマガ

トワイライトエクスプレスに関する情報を不定期で発信しています。
トワイライトエクスプレスの情報メルマガのお申し込みはこちら

2009年8月15日より管理人がブログを始めました。トワイライトクエクスプレスの情報もご覧いただけます。どうぞご利用ください。鉄道ファンのためのブログです。
全てのページはトワイライトエクスプレス.comのサイトマップからご覧いただけます。