トワイライトエクスプレス.com日付アーカイブ

チケットの購入方法や、旅行社(日本旅行、JTB)のツアーの旅をご紹介します。
トワイライトエクスプレス号は、JR西日本が運行する豪華寝台特急です。
このサイトでは、予約の方法から、車内の寝台の種類(A個室スイート、A個室ロイヤル、B個室ツイン、B個室シングルツイン、B寝台コンパートメント)や編成、食堂車 ダイナープレヤデスのディナーのメニューやパブタイムメニュー、朝食メニューの情報まで、画像や写真、動画、車内放送、を交えてお届けします。
ブログ形式で空席情報、旅行記、車内放送、随時更新しています。
Tomixより発売されているNゲージも紹介予定です。

ポッドキャスティングで音声を更新中!

« 2007年03月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月 アーカイブ

2007年06月19日

大阪駅から城崎温泉に立ち寄る

先日、トワイライトエクスプレスで、札幌から大阪まで乗車したのですが、せっかくなので、東京に直接帰るのではなく、兵庫県の日本海側にある温泉、城崎温泉に寄ってみました。
東京からですと、なかなか山陰地方の温泉には興味がわかないのですが、ネットで温泉と調べて出て来たのが、城崎温泉で、志賀直哉の「城の崎にて」という本もある事ですし、風情がまだ残っている温泉街との話を親戚より聞いておりましたので、せっかくですので立ち寄ってみました。

今回、選んだ、城崎温泉の旅館は、城崎温泉・但馬屋という、全12部屋のこじんまりとした旅館です。
城崎には、このようなこじんまりとした旅館が80軒ほどあり、大きな旅館の多い有馬温泉とは、ちょっと趣が異なります。
城崎温泉の街自体が非常にこじんまりとしていますので、城崎温泉駅から歩いても15分も歩けば、温泉街の端から端まで歩いてしまう事ができます。
今回、お世話になった但馬屋さんは、女将さんが、テレビに何度も出演しているとかで、興味があったのと、内湯の一つに「畳敷きのお風呂」があったので、一度どんなものか、入ってみたかったのです。
泊まった感想は、こじんまりとした宿らしく、夕食の時には、女将さんが挨拶に来られ、旅の疲れを癒してくれます。
また、城崎温泉の街自体が癒される雰囲気満載ですので、寄って良かったと思います。
城崎温泉の宿に迷った時は、城崎温泉の旅館.jpなんかが良いです。

検索


2007年06月

2007年06月にブログ「トワイライトエクスプレス」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年03月です。

次のアーカイブは2007年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。